コンテンツSEO(コンテンツマーケティング)

しっかりと良質なコンテンツを増やしていくCONTENT × SEO

「検索されるコンテンツ設計」、「成約キーワードの上位化」、「自然リンクの獲得」まで成果にこだわるコンテンツSEOを提供

現在のSEOで大きな成果を出すためにはコンテンツSEO(コンテンツマーケティング)は必要不可欠な施策です。良質なコンテンツを企画してそれを実装していくのは時間とコストを要しますが、適切な方法でコンテンツ施策を続けていくことで、コンテンツは資産となり、その後はたくさんの見込み客を検索エンジンから継続的に連れてきてくれます。

かけ捨て型のリスティング広告とは違い、コンテンツSEOなら投資したコストはあとで十分回収することが可能になります。

ただし、コンテンツSEOで成功するためには、「ペルソナ作成」、「キーワード設計」、「コンテンツ設計」、「タイトルの最適化」、「文章構造」、さらに競合調査など事前のマーケティングが重要なポイントになります。また、GoogleはAIを用いた機械学習(RankBrain)、モバイルファーストのアルゴリズム導入を進めています。これらに対応するためには、ユーザーの検索行動を意識したコンテンツSEOが重要になります。

ホワイトベアーは、自社メディアの運用、SEOコンサルティングで培った経験・ノウハウをもとに検索されるコンテンツを常に研究しています。「ユーザーが必用としている情報」、「差別化されたコンテンツ」、「検索最適化された文章構造」など、検索されるコンテンツ設計をご提案します。

また、競争が激しいレッドオーシャンな分野や被リンクに課題があるサイトには、自然リンク獲得のために企画性が高いコンテンツプロデュースからソーシャル拡散までをご提案します。

私たちと成果にこだわるコンテンツSEOに一緒に取り組みませんか。

お問い合わせ・お見積もり依頼

Tel.03-5919-4340
受付時間:平日 10:00~18:00

タップして電話する

Tel.03-5919-4340
受付時間:平日 10:00~18:00

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、Webサイトのコンテンツを検索エンジン最適化させることにより、ターゲットキーワードや関連するキーワードからの検索アクセス流入を増やすというSEO対策の一つの手法です。

よくコンテンツマーケティングと混同されますがコンテンツマーケティングはSEOを含めた広義なマーケティング活動のことで、価値あるコンテンツを作成し、集客、ユーザーコミュニケーション、ブランディングに結びつけるというWebマーケティングの考え方です。

コンテンツSEOもコンテンツマーケティングも高品質なコンテンツを作るという意味では同じですが、より検索エンジン最適化に特化した手法がコンテンツSEOです。

Googleが評価するコンテンツ

Googleはウェブマスター向けガイドラインで「質の高いコンテンツを提供しよう」、「ユーザーの利便性や役立つコンテンツを提供しよう」、「人を惹きつけるコンテンツを有するサイトは自然に認知が広がっていく」とコメントしています。

実際にGoogleは、高品質なコンテンツページ、ユーザーの検索体験を意識したページを検索ランキングで上位表示するアルゴリズムへと改善を続けています。また、機械学習(AI)のRankBrainというアルゴリズムによる文章解析、ユーザー検索行動などもランキング評価基準に大きく反映しています。そのため、ごく普通のコンテンツ品質では検索順位は上がりにくくなっています。

また、Googleは2012年よりパンダアップデートという低品質コンテンツがあるサイトに対してペナルティ(順位を落とす)を課すアルゴリズムを更新しています。

低品質コンテンツとは、「実質が無い」、「他のコンテンツと類似」、「情報量が少ない」、「SEOキーワードの詰め込み過ぎ」などのコンテンツを指しますが、このような低品質とみなされるコンテンツがあるとペナルティを受けるリスクが高まります。

Googleのコンテンツ解析アルゴリズムは日々進化しています。コンテンツ品質の優劣はこれからも検索順位に大きく影響していくのは間違いありません。

機械学習、モバイルファーストに対応したコンテンツ施策の必要性

Googleは2013年頃から機械学習、ディープラーニングを検索アルゴリズムに導入し始めました。これにより、「意味解析」、「文脈解析」、「文章の類似度(ベクトル化)」など日本語の自然言語処理の解析技術は格段に向上しています。

また、ユーザーの検索行動の機械学習も進んでおり、ユーザーの行動(クリック率、直帰率、滞在率など)を検索順位に反映させています。中にはブランド(会社名検索)、エンゲージメント(再訪)なども一つのシグナル(指標)となっています。

つまり、コンテンツ品質とともにユーザビリティも意識したサイト設計、コンテンツ設計が求められることになります。

また、Googleは2017年中に検索ランキングの評価基準をPCサイトからモバイルサイト(スマホサイト)に変更すると発表しました。これがモバイルファーストインデックスというものです。つまりこれからはPCユーザーへ向けたコンテンツ設計よりもモバイルユーザーをより意識したコンテンツ設計にする必用があります。

モバイルユーザーの検索行動は、せっかちで、移り気です。直帰させない、コンテンツを読ませるというテクニックや施策も必用で、さらにコンテンツ内容だけでなく、クリック率、表示スピード、利便性も意識しなくてはなりません。

コンテンツSEOが重要な2つの理由

コンテンツSEOをおこなうべき理由は大きく2つあります。

理由1

まず、1つは前述のとおりSEOにおいてコンテンツ品質の重要性が増しているためです。ですのでコンテンツ品質を強化しないという事は、SEO対策をしない事と同じになります。

SEOの大きなトレンド変化であるコンテンツSEOの強化取り組みが遅れれば、検索アクセスは増えず見込み客は競合サイトに流れて集客で苦戦することになります。

理由2

もう1つの理由は、良質なコンテンツ制作をすることは将来への投資であり、自社サイトの資産形成につながるためです。コンテンツSEOを進めるには一定のコストが必要ですが、他の広告と比べても持続的に見込み客を連れて来てくれるため費用対効果が高い手法です。

マーケティング手法としてよく比較される、リスティング広告とコスト面で比較してみましょう。リスティング広告の場合は、新しいユーザー獲得のために毎月広告費を掛け続けなくてはなりません。一方でコンテンツSEOは一度作ってしまえば、そのコンテンツが長きに渡って検索エンジンから見込み客をサイトに連れて来てくれます。

リスティング広告よりもオーガニック検索からサイトに訪問してきたユーザーの方が、滞在時間、ロイヤルティ、コンバージョンが高いというのはすでに実証されています。コンテンツSEOの方が効果が高いのは言うまでもありません。

但し、コンテンツSEOで成功するためには良質なコンテンツをつくるということが前提になります。そこそこの品質では競合サイトに勝てません。

また、コンテンツSEOで成果が出るまでにはサイトのポテンシャル次第では多少時間がかかるケースがあります。しかし、根気強く継続していくことで半年後、さらに将来的に大きなアクセス流入となり会社の資産となります。

高品質コンテンツの作り方

Googleはスターターガイドブックに質の高いコンテンツの例として、以下のようなポイントをあげています。

  • 読みやすい文章を書こう
  • トピックごとにコンテンツを整理しよう
  • 独自で新鮮なコンテンツを作ろう
  • ユーザー向けのコンテンツを作成しよう

つまり、コンテンツSEOで大切なのは、ユーザーに親切なコンテンツ設計(読みやすい、分かりやすい)とともに、「問題解決(役に立つ)」、「独自性(差別化)」、「更新頻度(鮮度)」という要素があげられます。

また、コンテンツSEOを成功させるためには以下の2つの視点が不可欠です。

視点1

1つはコンバージョン(成約)につながるようなコンテンツ設計です。検索アクセスが増えても成約(売上)につながらなければ意味がありません。コンテンツSEOの目的はたくさんの見込み客を検索エンジンからサイトに連れてきて購入につなげていくことです。

そのためにペルソナ(ユーザー像)設定、キーワード設計、タイトル設計をおこない緻密にコンテンツSEO施策に落とし込んでいく必用があります。

視点2

もう1つは、コンテンツの品質にこだわることです。キーワード設計をおこなった後は競合調査をおこない、競合サイトよりも品質面で上回るコンテンツを制作しなくてはなりません。

また、コンテンツはその目的がコンバージョンなのか、自然リンクの獲得なのかで設計が変わりますが、ユーザーのエンゲージメント(愛着)を高めるブランド戦略も欠かせない視点です。そのコンテンツ力とブランド力がソーシャルでの拡散、メディア取材(PR)などにつながり自然リンク獲得の好循環が生まれます。

これらの2つの要素を同時に満たすコンテンツを一つのページに作っていくことは相反する部分がありますし難易度も高くなります。2つのコンテンツ要素をサイト内にバランスよく配置していくことで、コンバージョンアップと検索上昇が同時に可能になります。

SEOの成果にこだわるコンテンツ施策をご提案します

繰り返しますがコンテンツSEOで大きな成功を勝ち取るためには、ありきたりなコンテンツ品質では成果は得られません。クオリティとユーザビリティの2つの考え方をもとに徹底した創り込みが必用です。

ホワイトベアーは、機械学習(AI)、モバイルファースト時代に評価されるコンテンツ施策をお客様と一緒に創り上げていきます。

コンテンツ要素

  • ・How to(方法、手順)
  • ・リファレンス(機能、仕様マニュアル)
  • ・データ情報
  • ・徹底した解説
  • ・企画性、おもしろ(自然リンク獲得、PR)etc

ユーザビリティ要素

  • ・読みやすい、分かりやすい文章
  • ・検索最適化の文章構成(見出し、トピック)
  • ・導線・ナビゲーション(内部リンク)
  • ・タイトル設計(検索最適化、クリック率)
  • ・インフォグラフィック(画像解析最適化)etc

いずれのコンテンツも「ユーザー体験を高める」という考え方が重要であり、コンバージョンを高めるためにはUI(ユーザーインターフェース)やサイトの導線なども意識したコンテンツをつくる必要があります。

Googleの機械学習、モバイルファーストというアルゴリズムの大きな変動が起きる中、コンテンツ施策による検索集客を拡大するなら、長年検索エンジンと対峙してきた技術と経験を持つ私たちSEOの専門家が最も力を発揮できると自負しています。

SEOのプロが大きな成果を出すための徹底したコンテンツSEOをご提案します。私たちと一緒にコンテンツSEOを始めませんか。

ユーザー目線でコンテンツをつくることで「ユーザーが評価するコンテンツは検索エンジンも評価する」ということになります。

お問い合わせ・お見積もり依頼

Tel.03-5919-4340
受付時間:平日 10:00~18:00

タップして電話する

Tel.03-5919-4340
受付時間:平日 10:00~18:00

コンテンツSEO導入の7ステップ

STEP
01

調査分析

サイト内部/外部、競合他社、順位動向、アクセス解析などを調査・分析。お客様へのヒアリング調査おこないます。

STEP
02

顧客像分析(ペルソナ設定)

調査内容をもとにターゲットとするユーザー像を明確にするためペルソナ(ユーザー像)を作成します。

STEP
03

プランニング

目標(KGI)設定を共有し、それに向けたキーワード設計、コンテンツ設計を進めます。

STEP
04

コンテンツ制作

お客様とコンテンツ内容を共有し制作に入ります。コンテンツとターゲットキーワード、ページTitleにズレが無いように確認します。

STEP
05

アプローチ

スケジュールに沿ってコンテンツを公開。企画によりソーシャル拡散についてもご提案します。

STEP
06

効果検証

アクセス解析をもとに検索順位の推移、PV、直帰率、コンバージョンなどのレポートおよび改善点を定期的に報告します。

STEP
07

アクション

コンテンツ追加、ページTitileの調整など成果を高めるPDCAと次回以降の配信コンテンツを企画。チェック&アクションを繰り返し、効果を最大化します。

STEP01 調査分析 STEP02 顧客像分析(ペルソナ設定) STEP03 プランニング STEP04 コンテンツ制作 STEP05 アプローチ STEP06 効果検証 STEP07 アクション

サイト内部/外部、競合他社、順位動向、アクセス解析などを調査・分析。お客様へのヒアリング調査おこないます。

調査内容をもとにターゲットとするユーザー像を明確にするためペルソナ(ユーザー像)を作成します。

目標(KGI)設定を共有し、それに向けたキーワード設計、コンテンツ設計を進めます。

お客様とコンテンツ内容を共有し制作に入ります。コンテンツとターゲットキーワード、ページTitleにズレが無いように確認します。

スケジュールに沿ってコンテンツを公開。企画によりソーシャル拡散についてもご提案します。

アクセス解析をもとに検索順位の推移、PV、直帰率、コンバージョンなどのレポートおよび改善点を定期的に報告します。

コンテンツ追加、ページTitileの調整など成果を高めるPDCAと次回以降の配信コンテンツを企画。チェック&アクションを繰り返し、効果を最大化します。

コンテンツSEO事例一覧

事例1 遺産相続 税理士紹介メディア 成功事例

(当社運用サイト)http://isan-kaiketsu.com

全体の成果概要

施策前に比べ、アクセス数は約20倍↑に上昇、問合せ件数は30倍↑
検索順位が150位前後だったメインキーワードが10位内にランクイン。
「生前贈与」、「遺言書」etc

事例2 交通事故 弁護士紹介メディア 成功事例

(当社運用サイト)http://www.koutsujikosos.com

全体の成果概要

施策前に比べ、アクセス数は約4倍↑、問合せ件数は10倍↑
検索順位が60位前後だったメインキーワードが10位内にランクイン。
「交通事故 慰謝料」、「交通事故 示談」etc

事例3 異業種交流サイト 成功事例

(株式会社フュージョンアンドリレーションズ様)http://www.statusparty.jp

全体の成果概要

・メインサイト
施策前に比べ :アクセス数3.5倍↑、問い合わせ件数1.3倍↑

・メディアサイト
運用開始後:アクセス数 初月 3,300 6ヶ月後 46,000(14倍↑
運用開始後:PV数 初月 4,000 6ヶ月後 55,000(14倍↑

お問い合わせ・お見積もり依頼

Tel.03-5919-4340
受付時間:平日 10:00~18:00

タップして電話する

Tel.03-5919-4340
受付時間:平日 10:00~18:00