SEOにおけるサイトリニューアルのメリット

サイトリニューアルの目的や理由をデザイン変更だけに求めていませんか?サイトをリニューアルする際には、ユーザビリティ、デザイン性の向上と合わせてSEO設計を導入することで一石三鳥の費用対効果が可能になります。

また、「SEOでなかなか効果がでない」、「サイト全体をSEO最適化し大きな成果をだしたい」という場合も、サイトリニューアルは有効な方法です。

長年運用してきたサイトの中には、SEO上の欠陥(サイト構造、内部リンク、ユーザビリティ、コンテンツ、デザインなど)があるケースも多くみられます。

それを私たちプロがサイト内に潜む問題点を改善し、情報を刷新することによりSEOで競争力のあるサイトに生まれ変わります。

Googleは「モバイルファーストインデックス」というモバイルサイトを重視するアルゴリズムを2017年内に導入します。モバイルサイトのユーザビリティ(UI/UX)に問題があるサイトは検索順位が落ちる可能性がでてきますので、まずはサイト診断をおすすめします。

私たちSEOのプロ、WEB制作のプロが、サイトリニューアルにより検索集客・成約向上するための設計・制作をサポートします。

サイト構造の改善

企業のWEBサイトの中には、無計画にコンテンツを追加したり、内部リンクを考慮してこなかったために、サイト構造、カテゴリ設計に問題があるケースが多く見られます。サイトの導線に不備があり、ユーザビリティにも難があるためSEOの評価を落とすことにつながります。

それをリニューアルによりサイト構造を抜本的に見直し改善することで検索に強いユーザーフレンドリーなサイトに生まれ変わらせることができます。

ユーザビリティ(UI/UX)の向上

ユーザビリティが高いサイトとは、ユーザーがサイトに訪問し目的のコンテンツにたどり着くまでが、分かりやすく直感的にナビゲーションされたユーザーインターフェース(UI)に優れたサイトのことです。サイト遷移、内部リンクが適切に設計されたサイトは、ユーザーにとっても便利で使いやすいため、直帰率が減り、滞在時間が長くなり、成約率が向上します。

利便性が高いコンテンツ設計とユーザーインターフェース(UI)が最適化されたサイトはユーザー体験(UX)を高めます。Gogoleエンジンの機械学習が進む中、ユーザビリティに優れたWEBサイトを検索エンジンも評価します。つまりSEOに強いサイトになります。

SEOのターゲットキーワードの変更、不要なコンテンツ整理

SEOでターゲットキーワードとコンテンツ設計を深く考慮せずに構築してしまったサイトの中にはキーワードの重複(カニバリゼーション)、コンテンツの重複が見られるサイトがあります。管理者が気づかないままSEOに悪影響を及ぼしていることがあります。

リニューアルにより、新たにSEOのキーワード設計、コンテンツ設計をおこない不要なページを整理することでリニューアル後は検索エンジンから正しく評価されるサイトになります。

内部リンクの最適化

SEOを考えずに設計されたサイトの多くが「内部リンクが不足している」、「アンカーテキストが最適化されていない」などサイト内部に問題をかかえています。

単純にページに内部リンクを追加していくだけではユーザビリティを考えたサイト構成にすることが難しくなります。サイト構成、デザインからサイトの内部設計を改修することで、複数の問題が同時に解決します。

コンテンツの鮮度と品質向上

サイト公開後からコンテンツの情報更新がされずに古い情報のままというホームページは数多く見られます。SEOにおいてコンテンツの鮮度は重要で、古いページも最新の情報にアップデートしておくことでGoogleからの評価が高まります。

SEOのプロがリニューアルのタイミングでページとコンテンツの選別をおこない、情報のアップデートにより検索されるコンテンツとなるように記事を再生させます。

デザイン性の刷新

古いウェブサイトの中にも俗にいう“味があるデザイン”のサイトはあります。大きなデザイン変更をおこなわないことでブランディングの継続性が保たれるメリットがあります。分かりやすい例がYahooのデザインで、同サイトはオープン依頼大きなデザイン変更はおこなわずに今に至ります。

しかし、一般企業の場合は別で時代に合わせてデザインを定期的に刷新することで企業としての先進性、革新性などをユーザーに訴求することができます。リニューアルにおいては、デザイン性も含めて競争力あるサイト設計をご提案します。

お問い合わせ・お見積もり依頼

Tel.03-5919-4340
受付時間:平日 10:00~18:00

タップして電話する

Tel.03-5919-4340
受付時間:平日 10:00~18:00