SEO用語集

Googleのペナルティとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

google ペナルティ
Googleのペナルティとは、Googleが定めるガイドライン(品質に関するガイドライン)をやぶって順位を上げようとした場合に与えられる罰則です。

Googleからペナルティを受けてしまうと順位が下がったり、最悪の場合Googleの検索結果から削除されてしまったりすることもあります。

Googleがペナルティを課す理由

では、なぜGoogleはペナルティを導入しているのでしょうか?

Googleは検索結果の順位を独自に開発したアルゴリズムによって決定しており、このアルゴリズムをなんとか攻略しようと、サイト制作者の中には悪質なスパム行為をおこなう人も大勢いるためです。

例えば、以前はクローキングという手法(クローラーとユーザーそれぞれに異なるページやテキストを見せる手法)で上位表示させているスパマーもいました。
そのため、Googleではこれらのスパム行為によって検索結果が荒らされてしまわないようにペナルティの措置を導入しています。

もしあなたの運営しているサイトがこのペナルティに引っかかってしまうと、コンテンツ単位やサイト単位で検索順位が大幅に下落してしまいます。
これまで上位表示しているキーワードがペナルティの対象となり、「ある日突然圏外に」なんてことも珍しくありません。

そうなると当然サイトへのアクセスは激減してしまうため、集客の依存度合いによってはあなたのビジネスに大きな打撃をあたえてしまう可能性があります。

Googleのペナルティの種類と確認方法

Googleのペナルティには、主に次の2種類に分類されます。

  • 自動ペナルティ
  • 手動ペナルティ(手動対策)

それでは、各ペナルティの概要と確認方法について見ていきましょう。

自動ペナルティ

自動ペナルティはその名の通り、後述する手動ペナルティは異なり、Googleのアルゴリズムによって自動的に課せられるペナルティのことです。

Googleのアルゴリズムにはスパム行為を判断するためのシステムも組み込まれており、スパム行為に該当すると思われるサイトに対してペナルティを課すわけです。
この自動ペナルティの原因は、冒頭でも紹介した品質に関するガイドラインに違反しているためです。

自動ペナルティは手動ペナルティよりも比較的軽いタイプのペナルティですが、手動ペナルティのように通知が来ませんし再審査リクエストもおこなえないので厄介です。
とはいえ、判断する基準や方法はあります。

確認方法1:順位やアクセスをチェックする

まず、手動ペナルティの通知が届いていないにもかかわらず、急にサイトへのアクセスが減ってしまった場合やキーワードの検索順位が大幅に落ちてしまった場合は、自動ペナルティの可能性が高いといえます。

確認方法2:site:やサイト名で検索する

あなたのサイトのサイト名で検索をかけてみて、トップページ以外が表示されている場合も自動ペナルティの可能性が高くなります。

また、「site:あなたのサイトのドメイン名」で検索するのも有効な方法です。
この場合もトップページが表示されなければ自動ペナルティの可能性が高くなります。

手動ペナルティ

手動ペナルティも、自動ペナルティ同様にGoogleの品質に関するガイドラインに違反した場合にGoogleがサイトに対して与えるペナルティです。

自動ペナルティと違うのは、手動ペナルティを受けるとSearch Consoleに通知が来ることです。
具体的には、次のように「手動による対策」の項目にメッセージが表示されます。

手動対策のメッセージ

検索エンジンからペナルティを受けてしまう原因

検索エンジンでペナルティを受けてしまう原因はさまざまですが、以下のような理由でペナルティとなることが多くなっています。


  1. 自演リンクをおこなっている
  2. 不自然な被リンクがついてしまっている
  3. コンテンツを自動生成している
  4. 他サイトの内容をリライトしただけのようなコンテンツを生成している

実際にペナルティに引っかかってしまった場合、Googleはペナルティの原因を教えてくれませんが(手動ペナルティにおいてはヒントあり)、これらの要素がペナルティの原因となっていることがほとんどです。

とはいえ、上記の項目がペナルティの対象になりうるということは、Googleの掲載ガイドラインをしっかりと読み込んでおけばわかることですし、サイトを運営する上でやってはいけないことの基本です。

つまり、Googleの掲載ガイドラインに則ってしっかりとサイト運営をおこなっていれば、ペナルティを受ける可能性はほとんどありません。

受けてしまったペナルティを解除するには

実際にペナルティに引っかかってしまった場合の対応は、ペナルティの種類によって異なります。

それぞれのペナルティの解除方法についてみていきましょう。

自動ペナルティの場合

自動ペナルティの場合は通知がこないので、サイトのどの部分がペナルティの対象となっているのかが判断できません。
そのため、根気よくサイトを修正していく必要があります。

ただし注視する箇所は手動ペナルティとほとんど変わらないので、次の箇所を細かくチェックし、修正をおこなっていくようにしましょう。

  • 自演リンクをおこなっていないか
  • 不自然なリンクがついていないか
  • コンテンツの質が悪くないか

手動ペナルティの場合

手動ペナルティに引っかかってしまった場合、Search Console宛てにGoogleからメッセージが届いています。

具体的にサイトのどの部分が手動ペナルティの原因となっているのかまでは教えてくれませんが、「こういったことをしてしまっていませんか?」といった形でヒントをあたえてくれるので、そのヒントを元にサイトを修正していきましょう。


  • 自演リンクをおこなってしまっているのであれば自演リンクを外す。
  • 有害なサイトからの不自然なリンクが貼られていないかをチェックして、必要があれば否認する。
  • 質の低いコンテンツの修正、削除を行う。
  • など


Googleからのメッセージに記載されている怪しい箇所を全て修正し、改善できたら再審査リクエスト送って再度サイトを審査してもらいましょう。
問題点が解消されていれば手動ペナルティは解除されます。

解除されない場合は、まだ問題が解消されていないということになるので、再度修正し再審査リクエストを送りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SEO対策でお困りでしたらお任せください