SEO

モバイルフレンドリー対策はお済みですか?スマホサイト制作と最適化のすすめ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCとスマホの検索順位が変わる時が来た

1

これまでのGoogle検索エンジンは、PC(デスクトップ)とスマートフォン(モバイル)という異なるデバイスでも検索結果はほぼ同じでした。

以前から、スマホの検索アルゴリズムの変更が囁かれていましたが、遂にGoogleは2015年4月21日前後からPCとスマホの検索結果を別にすると発表しました。

そして、ここでGoogleが明確に述べているのが、スマホ最適化された「モバイルフレンドリー」対応済みのサイトがランキングで有利になるということです。

ご承知の通り、スマートフォンというデバイス(携帯端末)の利用者は増え続けています。そんな中でGoogleのモバイルアルゴリズム変更の発表は、検索集客でビジネスおこなう企業にとっては非常に重要な意味を持ちます。

ここであらためてGoogleが言う「モバイルフレンドリー化」の必要性に関してご説明したいと思います。



モバイルフレンドリーとは

Googleは、ページ設計がスマートフォンでの閲覧基準を満たしているWebサイトを「モバイルフレンドリー(mobile friendly)」という名称で呼んでいます。

スマホでWebサイトを閲覧する際に、「タップ」、「ズーム」、「横スクロール」が不要だったり、「文字サイズ」、「ボタンサイズ」、「行間」などが自然な状態で利用できるどうかがモバイルフレンドリーか?そうでないサイトか?のポイントになります。

Googleはモバイルフレンドリーが最適化できているかを確認できるツールを用意しています。ご自身のサイトをモバイルフレンドリーテストしてみましょう。

また、Googleは2014年11月からスマホユーザーに最適なコンテンツ表示ができているサイトの検索結果のスニペットに「スマホ対応」というラベルを付けるようにしました。

これもモバイルフレンドリーできているサイトを検索で有利にするという表れです。

1

モバイルフレンドリー化していないサイトはスマホ検索で不利になる

Googleは2015年1月から、モバイルフレンドリー化されていないWebサイトに対してウェブマスターツールへ「モバイルユーザビリティ上の問題が検出されました」という警告メールを送り始めています。

1

これは、Googleでは2015年4月21日前後からスマホ用の検索アルゴリズムが変更されるから早くモバイルフレンドリーなサイトを作成しなさいという意味です。

つまり、モバイルフレンドリーなスマホ用サイトを作成しないと検索ランキングで不利になるということを暗に示しています。

ホワイトベアーSEOブログでスマホ最適化の基礎を解説しています

Googleがモバイルフレンドリーを急ぐ理由

Googleがモバイルフレンドリー化を急ぐ理由は大きく2つあります。

スマホユーザーへの対応

Googleエンジンは、これまで利用者が拡大するスマホにおいて十分な対応ができているとは言えませんでした。

スマホが日本で爆発的に普及したのは2010年頃からになりますが、現在までPCとスマホは長らくほぼ同じ検索結果だったために、スマホサイトの構築は後回しにしていた企業も多く見られます。

そのため、スマホ検索においてはユーザビリティの観点で必ずしも最適なサイトがランキングに表示できていませんでした。変化の激しいスマホ市場で利用者のGoogle離れの懸念を危惧してモバイル(スマホ)対応を急いでいるという事が言えます。

これにより、Googleは企業やWebマスターにスマホサイトの作成を促し、“モバイルウェブエクスペリエンス”という利用者のスマホ検索体験の向上と利便性を上げたいという考えがあります。

ディープリンクとアプリ対策

1

もう一つはGoogle検索へのアプリの取り込みがあります。
GoogleはApp indexing(アップ インデキシング)という仕組みをアプリ運営者に推奨しています。

これはアプリにディープリンクというものを追加することで、ユーザーがスマホで検索した結果の中に、関連するアプリがインストールされている場合にアプリコンテンツが表示されて直接アクセスできるというものです。

アプリ事業者にとっては、アプリユーザーの利用頻度を高めることができますし、検索するユーザーにとっては“モバイル体験”という意味で利便性が向上します。

Googleにとっては、これまで検索ロボットがクロールできなかったアプリにもアクセスすることができます。つまり、アプリサイトもインデックス(検索表示)することができます。

さらに、Googleはアプリ情報を取得するとも共に、スマホ検索内のアドワーズ広告にアプリ広告を増やして収益を上げることも目指しているわけです。



スマホサイト制作とモバイルフレンドリー化は必須

このようにスマホSEOはアプリサイトを含めて今後、非常に激しい競争になることが予想されます。

4/21前後からの順位の変動がどれ位の規模になるかはまだ分かりません。しかし、確実に言えることは、今後はスマホでの検索集客を強化するためにはモバイルフレンドリーなスマホサイトの制作は必須だということです。

そのため、早めにスマホサイトを構築してそれをスマホSEO最適化させることが企業にとって競争優位を保つための重要なポイントになります。

まとめ

これからの検索利用者数はPC(デスクトップ)よりもスマホが大きく上回るようになるのは間違いないでしょう。すでに、カテゴリーによってはスマホからのアクセスがPCよりも多いというケースは少なくありません。

モバイルフレンドリーテストで「問題ありません」との判定を受けたから、それでスマホSEO対策は万全という訳ではありません。

PCサイトとともにスマホサイトも“コンテンツ”、“内部対策”などSEO最適化を強化しなくてはならない時代が来ています。

ホワイトベアーでは、スマホSEO対策の研究にも余念がありません。

スマホサイトのSEO設計からサイト制作までお気軽にご相談下さい。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SEO対策でお困りでしたらお任せください