SEO

検索順位が圏外に飛んだのはGoogleの被リンクリストに新たなスパムリンクが検出されたため!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e9%a0%86%e4%bd%8d%e3%80%80%e8%90%bd%e3%81%a1%e3%81%9f

過去に有料リンクを購入したことが原因で、Googleから「不自然なリンクの検出」という警告メッセージが届いて、慌てて手動ペナルティを解除したというサイトオーナーは少なくないと思います。

ペナルティが解除されたら取りあえずひと安心となりますが、必ずしもそうとは言えない問題が2017年の春頃から起きています。

それは、ペナルティ解除時にGoogleサーチコンソールの被リンクリストに表示されていなかったスパム被リンク群が新たに検出されるという問題です。それらのスパム被リンクがGoogleの自動アップデートに引っかかってしまい検索順位がランキング圏外に飛ぶという事例が見られます。

どのような現象なのか?対処法はどうすればいいのか?について解説していきます。

3ヶ月SEOコンサルサービス
3ヶ月SEOコンサルサービス

被リンクリストに過去のスパム被リンクが新たにでてくる現象

最近、いくつか相談を受けたお客様の中に「特定キーワードの検索順位が圏外に落ちた…」、「検索アクセス全体がズルズル落ちている…」というお悩みの相談がありました。詳しくお話しを聞くと、かつて手動警告を受けて、その後はペナルティ解除にも成功して、現在は被リンク対策は一切おこなってないので、検索順位が下がった理由が分からないということでした。

また、当社のクライアントの中にはペナルティ解除を成功させた後にSEOコンサルティングを導入していただいているお客様が多数ありますが、解除後は適切なSEO施策をおこなっているにも関わらず上記のように「特定キーワードの検索順位が下がる現象」がいくつか見られました。

そこで、原因究明のために被リンクリストを調査してみると…ペナルティ解除時に被リンク削除・否認をおこなった以外に新たなスパムリンク群が多数検出されたのです。

つまり、ペナルティ解除時にはGoogleが検出していなかったスパム被リンク群が今頃になってひょっこり登場して自動アップデートに引っかかってしまい検索順位の下降を招いていたということになります。

検索順位が下がっていませんか?

ここ数ヶ月で特定のキーワードで「検索順位が圏外に飛んでしまった」、「ズルズルと落ちていてる」、「順位が乱高下する」などの現象が自社サイトに起きてないでしょうか?

もし、順位が不安定になっているようならもう一度過去のSEO業者の被リンクを疑ってかからなくてはなりません。また、被リンクの調査もあらためて必要です。

新たなリンクの削除と否認の対処法

Googleに何度も手動解除の申請をしてようやくペナルティから抜け出せたのに「手動解除の意味は一体何だったんだ…」と愚痴の一つもでてくるものですが、ここでボヤいても順位は回復しません。

おこなうべき作業としては、かつてリンク削除・否認をしたときのリストと新たなリストの差分を抽出しスパムリンクを新たにリスト化して否認作業をすることです。(最新のリンクリストには過去に否認したリンクも含まれて出てきますが、この分はあらためて否認する必要はありません)

否認申請の後、2週間から長くて3ヶ月ぐらいかかるケースが考えられますがこの間に何らかの順位変動が見られるでしょう。

間違っても自然リンクを否認しないこと

ここで気をつけたいのが自然リンクまで否認リストに入れないことです。せっかく獲得した有効な自然リンクを否認してしまってはSEO上はデメリットしかありません。特に中規模以上のサイト、ブランド力があるサイトなら運用している間に自然リンクがたくさん付いている可能性がありますので、これらの有効なリンク群は大切に扱う必要があります。

もし自然リンクの見分け方が詳しく分からない場合には専門家にアドバイスを受けた方が良いでしょう。

被リンクの定期的な調査とメンテナンスが必要

今回起きている事例は、過去に有料リンクを購入したばかりに手動ペナルティという手痛い制裁を受けたのに、また罰ゲームの復活か…というやり切れなさが残る一件ではあります。しかし、現実的な対応としてスパムリンクの新たな否認が求められます。

それとともに今後も新たなスパム被リンクが検出されないとも限りません。被リンクの定期的な調査とメンテナンス(否認作業)が必要と言えるでしょう。

これは過去に有料リンクをSEO業者に依頼して手動ペナルティを受けたサイトだけの問題ではありません。長くWEBサイトを運用していると思いもよらぬグレーゾーンな被リンクがたくさん付いていたり、悪意を持った第三者からスパム被リンクをたくさん付けられたということもあり得ます。

今は検索順位に影響が無くても備えあれば憂いなしです。約1~3ヶ月に1回ぐらいの頻度でリンクリストの更新はおこなわれるようですのでWEBマスター、SEO担当者はこれら被リンクのチェックが必要です。

まとめ

手動警告の解除が成功したのに、またもやペナルティを受けるとはショックな出来事です。自社ドメインがGoogleのペナルティから完全に解除されていない訳ですので…
しかし、今さらドメイン変更もできませんのでここは速やかにリンク否認の対応をおこなうしか方法はないようです。

Googleは今も自演の被リンク対策をおこなうサイトに対して、今も変わらず自動アップデートによりペナルティを課して検索順位を下げています。(手動警告は減りました)安易な自演リンク対策はおこなわないことと、前述したように被リンクの定期的なメンテナンスというものが求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SEO対策でお困りでしたらお任せください