WEB制作

WordPressに入れた方が良いオススメプラグイン6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めてWordPressでブログを作る方は、プラグインの種類が多すぎてなにをいれたらいいのかわからないですよね。

「良さそうなプラグインはガンガンいれまくろうぜ!」なんて思っていたら、それは絶対にやってはいけません!

プラグインを入れすぎると、いいことどころか悪いことがたくさんでてきます。

例えば…

  • プラグイン同士で競合しあってうまく動作しない。最悪ページが見れなくなる。
  • サイトの表示スピードが遅くなる
  • 脆弱性があるプラグインが入ってたためにクラック(のっとり)されてしまう

などのデメリットが出てきてしまいます。

そうならないためにも、プラグインはできるだけ必要最低限を入れるようにしましょう。

というわけで今回は厳選に厳選を重ねたオススメプラグインをお送りしていきたいと思います(`・ω・´)ゞ



WordPressに入れたほうが良いオススメプラグイン

プラグインを選ぶ基準

今回オススメのプラグインを選んだ基準は以下のようなものです。

  • アップデート(更新)が頻繁にされているか
  • 評価は高いか
  • 使っている人は多いか
  • 複雑すぎる内容になっていないか
  • 使い勝手はよいか

という5つのポイントを基準に選んでいます。

ちなみに今回は管理画面変更系プラグインは入れていません。

なぜかというと、例えばWordPressの標準機能以外でファイルのアップロード機能がついてたりするプラグインの場合、そこを狙った攻撃にあう可能性が出てくるためです。

がんばって作ったサイトがクラックされて乗っ取られたらたまったもんじゃないですよね。

あ、オススメプラグインの前提条件として、「SEOに最適化されたテーマを選んでいる」ということが非常に重要なポイントです。

有名なテーマで言えば、賢威やStingerですね。

Stingerシリーズは無料でダウンロードできるので、まだ試してないかたは試してみてください。

オススメプラグインその1:Google Authenticator

WordPressのログインに、Googleのワンタイムパスワードを設定できるプラグインです。

これを入れると、WordPressのログインには自分のスマホに送られてくるパスワードを入力しないと入れないようになります。

いわゆる2段階認証ってやつですね。

セキュリティは地味だけど大切です!

Google Authenticator

オススメプラグインその2:CrazyBone(狂骨)

WordPressのログイン履歴を保存するプラグインです。

これの便利なところは、ログインに失敗した形跡も残るところ。

ブルートフォースアタック(IDとパスワードを適当に打って力技で入ろうとすること)をされていると一発でわかります。

自分のサイトはそんな狙われたりなんてしないよーなんて思っていませんか?

意外と自分の知らないところで結構ブルートフォースアタックを受けているんですよ…。

僕の持っているサイトもガンガンに食らっていました。

平和ボケしちゃいかんということですね…。

ブルートフォースアタックを仕掛けてくるのはたいてい外国なので、サーバー設定で「海外からのログインを制限する」という方法もあります。

エックスサーバーはそういうのがクリックひとつでできるので結構便利。

CrazyBone

オススメプラグインその3:Google XML Sitemaps

サイトマップをGoogleに送信してくれるプラグインです。

??と思った方もとくになにも考えずに入れておきましょう。

入れて損はまったくないプラグインです。

Google XML Sitemaps

オススメプラグインその4:EWWW Image Optimizer

記事に画像を入れる際に、自動的に適切なサイズに圧縮してくれるプラグインです。

毎日記事を書いていると、画像のリサイズって結構めんどくさく感じるんですよね…。

そんな日々の煩わしさを解消してくれる便利なプラグインです。

EWWW Image Optimizer

オススメプラグインその5:Contact Form7

お問い合わせフォームをものすごく簡単に作ってくれるプラグインです。

あなたがもしアドセンスで稼ぎたいと思っているなら、かならず入れなくてはいけません。

(アドセンス規約でお問い合わせフォームが必須なため)

Contact Form7

オススメプラグインその6:PubSubHubbub

これを入れておくだけで、記事を投稿した瞬間にRSSリーダーに通知してくれます。

検索エンジンに素早くインデックスしてもらうにこしたことはありません。

PubSubHubbub

逆に入れるときによく考えたほうが良いプラグイン

プラグインは便利ですが、入れ過ぎるとサイトの表示スピードが遅くなったり、バグがでたり、悪い人にサイトを乗っ取られる可能性が高くなったりといいことありません。

なるべくプラグインは厳選していれるようにしましょう。

キャッシュ系プラグインはヒトクセあるものが多いので注意

サイトスピードを早くしたい!と思ったら誰もが一度は考えるキャッシュ系プラグイン。

いくつかありますが、そのどれもがあなたの環境で完全に安定して作動する保障はありません。

サーバーの条件だったり、他のプラグインだったりテーマだったりという要素と複雑に絡み合い、うまく動作しないことも多いのです。

どうしてもサイトをキャッシュして早くしたいんだ!って方は、WPXサーバーを使ってみてください。

サーバーの機能として、キャッシュがワンタッチでできちゃいます。

SEO支援系プラグインもホントに必要?

WordPressを使ってちょっと慣れてくると、SEO対策が万全かどうかものすごく気になる時期がでてきます。

そうした時に、All in One SEOとかの有名どころプラグインを入れたくなっちゃうんですよね。

でももしあなたが賢威やStingerなどのテーマを入れているのでしたら、それほど必要ないと思います。

そもそも賢威やStingerはSEO的な観点から作られていますので、とくにそれに追加するようなものはほとんどありません。

細かいことを言えばチューニングは必要ですが、それに時間をかけるよりは良い記事を書くことに注力したほうが良いです。

WordPressのプラグインは、シンプルに最低限で運用するのがオススメです!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SEO対策でお困りでしたらお任せください

WEB・SEOディレクター

餅が好きな33才。 好きな餅はおろし餅。 好きな見た目は篠原愛。 趣味のサイトにアドセンスを入れてみたら月間10万円くらいの収益があって以来、アドセンスとアフィリエイトにハマることに。 現在数個サイトを運営していて、失敗は1つだけ。 ほとんどのサイトは順調に収益が伸びてます。 アフィリエイトで培った知識を活かしてがんばります!(`・ω・´)ゞ

▶ 餅太郎のTwitter